こまどブログ

技術のこととか仕事のこととか。

Vue Routerで「ネストされたルート」を試した

久しぶりにVue.jsの記事です。基本的な機能は使えるようになってきているので、Vue Routerに手を伸ばしてみました。

紹介 | Vue Router

Vue Routerを試そう

Vue Router自体は、以前ご紹介したUdemyの"The Ultimate Vue JS 2 Developer Course" (結局最後まで終えていません・・・)のなかで利用したことがあります。

ky-yk-d.hatenablog.com

この時は、基本的な画面遷移の機能と、パラメータを渡す「動的ルートマッチング」の機能を利用していましたが、今回「ネストされたルート」の機能を試したのでご紹介します。GitHubリポジトリは下記。

github.com

ネストされたルートとは

ネストされたルート | Vue Router

f:id:ky_yk_d:20180701214153p:plain
公式ガイドより

ネストされたルートは、上の公式ガイドに記されているように、ネストされたコンポーネントの特定の構造に対して別個のURLを割り当てるために利用する機能です。

単純な<router-view><router-link> では、それが設置された直下のコンポーネントを丸ごと制御することしかできません。上の例でいえば、Userコンポーネント丸ごとを扱うことしかできません。もしProfileコンポーネントとPostsコンポーネントに別個のURLを割り当てようとすれば、Userコンポーネントを固定しなくてはなりません(そのレベルの切り替えはできなくなる)。

実装してみる

今回、この機能を利用した例として、Topコンポーネントの配下にChildAあるいはChildBというコンポーネントが入るネスト構造にURLを割り当てる画面を作成してみました。

TopコンポーネントはさらにAppコンポーネントに属しているため、App.vue内で下記のようにVue Routerを設定します。

App.vue

let router = new VueRouter({
  routes: [
    {
      path: '',  
      component: Top,
      // ここにname要素を指定するとエラーになる
      children: [
        {
          path: '', 
          component: ChildA,
          name: 'childA'
        },
        {
          path: '/childB', 
          component: ChildB,
          name: 'childB',
          meta: {
            requiresAuth: 'true'
          }
        }
      ]
    }
  ]
});

Top.vue

<template>
  <div id="top">
    <h2>Hello Vue Router World!</h2>
    <router-view></router-view>
  </div>
</template>

以上のように設定しておくと、トップページにアクセスした場合にはTop配下にChildAコンポーネントが表示されます。言い換えれば、App.vueの中にある<router-view>にはTopコンポーネントが、そしてTop.vueの中にある'<router-view>`にはChildAコンポーネントがそれぞれ入ることになります。

つまり、この構造に対して、''というパスが割り当てられているということになります。<router-link>で名前を用いる場合には、nameで指定したchildAでアクセスすることができます。

http://localhost:8080/#/

f:id:ky_yk_d:20180701215608p:plain

一方、[Top-ChildB]というまとまりに対しては、'/childB' というパスが割り当てられ、名前はchildBとなります。下記のスクリーンショットから、Topコンポーネントの配下にChildBコンポーネントが配置されていることがわかると思います。

http://localhost:8080/#/childB

f:id:ky_yk_d:20180701215520p:plain

注意点

[Top-ChildA]というまとまりに対してパスを割り当てているため、routerの設定でTopコンポーネントのレベルにname要素を指定しようとするとエラーとなります。これについては、うっかり指定してしまった場合はエラーメッセージで教えてくれるので、それほど困らないポイントかと思いますが、最初気づかなかったので書き残しておきます。

感想

簡単にネストされたルートが使えることがわかりました。ネスとされたルートが使えると、実装できるページの幅も広がりますね。Vue Router、すごい!

Vue Routerのその他の機能(ナビゲーションルートなど)も、少しずつ使ってみています。コンポーネントをバシバシ使うようになると、アプリケーション全体での状態の管理が煩雑になってきているなと感じます。今回実装してみた中でも、フラグ(ログインの有無)を用いてアクセス制限をしてみているのですが、ひどい実装になってしまいました。

というわけで、次はVuexを導入してみようと思います。ゆっくりとした歩みではありますが、2ヶ月前(↓)からは随分進歩しました(笑)途中になっているUdemyの講座もあることですので、これから1,2ヶ月でVueについては「一通りわかった」と言える状態を目指します!

ky-yk-d.hatenablog.com

基礎から学ぶ Vue.js

基礎から学ぶ Vue.js