こまどブログ

技術のこととか仕事のこととか。

Eclipse(STS)でJavadocコメント挿入時に自動で入力されるユーザ名を変更する(Windows/Mac)

Eclipse(STS)で開発しているとき、Javadocコメントをショートカットキーなどで挿入することがよくある。このときに、@authorタグの項目が自動で入力されるのだが、デフォルトでは値としてOSへのログインユーザ名が使われる*1。これを自由に変更する方法を書く。

f:id:ky_yk_d:20190404225431p:plain

設定方法:eclipse.ini(SpringToolSuite4.ini)を修正する

設定方法は簡単で、eclipse.ini(SpringToolSuite4.ini)*2に以下のように書き込めばいい。

-product
org.springframework.boot.ide.branding.sts4
--launcher.defaultAction
openFile
-startup
../Eclipse/plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.5.200.v20180922-1751.jar
--launcher.library
../Eclipse/plugins/org.eclipse.equinox.launcher.cocoa.macosx.x86_64_1.1.900.v20180922-1751
-vmargs
; ↓これを追加
-Duser.name=other_name
; ↑これを追加
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
--add-modules=ALL-SYSTEM
-Xms40m
-XstartOnFirstThread
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts
-Xdock:icon=../Resources/sts4.icns
-Xmx1200m

書き込んでから保存し、Eclipse(STS)を一度閉じて改めて起動すれば、設定の変更が反映される。

補足:Macの場合のiniファイルの所在

Windowsであれば、eclipse.ini(SpringToolSuite4.ini)が実行ファイルと同じフォルダにあるのでわかりやすいのだが、Macの場合はEclipse.app(SpringToolSuite4.app)しか見えていないので一瞬どこにあるかわからない。

正解としては、以下のパスにiniファイルは存在する。

Finderを使ってアクセスするには、Eclipse_2018-09.app(SpringToolSuite4.app)を右クリックして、「パッケージの内容を表示」を選択すればいい。これにより、選択したアプリケーションを起動するのではなく、内側に入ることができる、

f:id:ky_yk_d:20190404225619p:plain

パッケージの内容が見えたら、Contents->Eclipse*3と分け入っていく。すると、お目当のiniファイルが見つかる。設定の内容はWindowsであってもMacであっても変わらない。

f:id:ky_yk_d:20190404225808p:plain

参考

iniファイルの設定方法は以下の記事から。

necoyama3.hatenablog.com

Macの場合のiniファイルの所在は以下の質問から。

stackoverflow.com

*1:パッケージ新規作成時にpackage-info.javaを同時に生成した場合も同じ。

*2:余談)iniファイルのシンタックスハイライトは"dosini"とすればよい。 ";"がコメント記号になる。

*3:これはSTSであっても同じ。